安心安全!スレッドタイヤに変えてドライブを楽しもう

タイヤ交換

対応しているかがポイント

タイヤ交換を持ち込みで依頼するときには、対応しているかを確認することが大切です。そして、組み換えの場合は工賃が高くなることが多いです。タイヤサイズが大きくなると高くなりますが、相場としては16インチで1500円から2000円ほどになります。

コンテンツ一覧

ミニカー

冬を安全に乗り切るために

冬場にスタッドレスタイヤを着用することは利点が多くあります。気象状況や、路面に会わせた脱着の必要が無いという点です。性能も止まることに重点が置かれ、雪道でも不意の動作などに対する許容範囲はノーマルタイヤよりも増します。

男性と整備士

持ち込むと安い

タイヤ交換は、ディーラーやカー用品店やガソリンスタンドで交換する方法がありますが、ディーラーなどでその場で購入して交換するよりは、あらかじめインターネットなどで安いタイヤを買って持ち込みするのが1番安上りです。

車

雪対策は万全を期す

スタッドレスタイヤは緊急用のチェーンタイヤよりも優れたブレーキング性能を発揮するので、雪国で運転するなら必ず交換しましょう。外した普通のタイヤは業者にそのまま預かってもらえるので、気軽にスタッドレスタイヤにすることができます。

タイヤ交換

工賃で選ぶことが大切

タイヤを購入する前に持ち込みでのタイヤ交換に対応している店舗を探すことが大切です。ちなみに、店舗やタイヤサイズによって料金が異なり、一本2000円から3000円が相場です。通販サイトによっては提携店舗があり、探す手間を省けることもあります。

冬道を安全に走行するため

運転

購入時に選ばれる理由

雪が降る冬の季節では、自動車もスタッドレスタイヤに交換することが大切で、タイヤ専門とするメーカーから様々な種類のスタッドレスタイヤが販売されています。冬道は雪の積もっている場所の走行だけでなく、雪解け水や雨が降った後の凍結した道路を走行するための必須アイテムです。スタッドレスタイヤを購入する時、タイヤに関して知識がない方はお店の方にお任せして購入するのがほとんどでしょう。しかし、ある程度の知識を持った方が購入する場合では、走行状況や地域にあわせて購入する方法が大変人気です。例えば、積雪が多く常に雪道を走行する環境の方では、柔らかめの製品を好んで購入されています。その目安として、タイヤ表記が記されている最後のアルファベット文字の速度記号で、雪上や氷上性能が高いQサイズが選ばれているのが現状です。しかし、冬の道路といっても高速道路を頻繁に使う方や、雪が降るけど雪道を走る日数が少ない環境の方には、高速でも安定して走行できるTやHの製品を求めて使用しています。スタッドレスタイヤは夏用タイヤに比べて燃費性能が1割ほど低下するのが現状で、毎日車を使用する方にとって燃費問題は頭を悩ます問題です。年々タイヤの技術が向上する中で、現在では燃費性能が向上したスタッドレスタイヤも、ユーザーからの評価が高くなっています。転がり抵抗や氷上制動性能を低減したスタッドレスタイヤは、グリップ力も高く少ない力で前進するために作られているので、燃費性能も向上しています。スタッドレスタイヤはこのような点で多くの方に選ばれていますが、夏タイヤに比べて多少高くなっているのが一般的です。しかし、冬道でも性能が劣らない外国産のスタッドレスタイヤも、お求めやすい価格帯で販売されているので低価格で求める方に関心を集めています。スタッドレスタイヤを購入する時は、このような点で選ばれているので参考にすることをおすすめします。

Copyright© 2017 安心安全!スレッドタイヤに変えてドライブを楽しもう All Rights Reserved.